ブログ

【実はカンケ―大あり!】
姿勢改善にはスクワット!

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

さて、今回のテーマは、

 

 

 

姿勢改善するには「スクワット」!!

 

 

 

 

…え?って思った方もいらっしゃるかと思います。

「スクワットは筋トレだし、姿勢改善とはカンケ―ないんじゃ??」

こう思われるのも不思議ではないですね。

しかしですね

スクワットは、

やり方を工夫すれば

猫背とか、スウェイバックが改善できる超有能姿勢矯正メニュー

になるんです。

 

 

 

 

上の写真のように

猫背で首~背中側が丸まってしまっている方は

基本的に腰背部・体幹部・臀部・大腿後部の筋群が、

不活性化している(弱化)可能性が大きいです。
(※もちろん、個人差はあります。)

それに伴い、

骨盤は後傾位になって下腹部が出っぱって見えてしまいます。

この場合、

鍛えていきたい部位としては先ほど言った

腰背部・体幹部・臀部・大腿後部です。

 

 

 

 

腰背部・体幹部・臀部・大腿後部を効率的に鍛えたい時に

スクワットが一番効率的な種目として登場するのです。

もちろん、ただやみくもにスクワットやればいいわけでなく、

色々と押さえるポイントはありまして、

 

 

① 膝はやや外に開く
② 股関節からしっかり曲げる
③ つま先に体重をかけすぎない
④ 腰を丸めずに、ニュートラル(まっすぐ)を保つ
⑤ 胸をやや張る(ぎちぎちに張る必要はない)

 

 

以上のポイントが守られれば、

姿勢改善に効果的なスクワットとなります。
(といっても、姿勢改善目的以外でもスクワットはこのポイントを守りましょう!)

 

 

 

 

 

このようなキレイなフォームのスクワットが良いですね。
(横から見て、肩峰~土踏まずが一直線上に常にあるのが理想)

そうすれば、

腰背部(広背筋下部+脊柱起立筋)や腹横筋などの

体幹深部筋、大殿筋、ハムストリングスが上手く鍛えられて

身体を背面から支えてくれるようになります。

そうすると、

身体が前屈みにならないように、

お腹の内側と後ろ側でテンションを保ってくれるので、

猫背やスウェイバックを改善し、

常にほどよく胸が張れた良い姿勢に導けるのです。

まあ、今回のケースはあくまで一例ですけどね(笑)

ただ、スクワットは、

今回のようにうまくポイントを押さえてフォームを意識すれば

ダイエットや筋肥大の目的以外に、姿勢を改善することにも使えるんだと

分かっていただけるうれしいですね!

さあ、

姿勢に悩んだらスクワットしよう!v( ̄Д ̄)v

より詳しくスクワットで姿勢改善してみたい方は、

お気軽に下記のHPリンクよりお問い合わせ下さい(^▽^)/

 

 

 

 

宮奥丞の3月セミナー好評受付中!!

セミナー詳細&お申込みは以下からどうぞ!

① 糖質セミナー 詳細情報を見る

② 予防医学セミナー 詳細情報を見る

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ

体験トレーニングのお申込み、
グループ指導、講師のご依頼など
お気軽にお問い合わせ下さい!
宮奥丞の写真