ブログ

【みんな知ってる?】
オメガ3のトリセツ

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

 

 

今回のテーマは、

 

 

 

オメガ3のトリセツ

 

 

 

です。

 

「オメガ3は健康にいい!」

 

と、けっこう聞きますけども、

一体皆さんは、

オメガ3についてどれほどの理解がお有りでしょうか?

実は、

意外に知られていないこともあったりするわけですよ。

今回は、

そんなオメガ3の基礎から、

応用知識まで、

簡潔にまとめましたので、

ぜひお読みください。

 

 

 

 

 

 

・そもそもオメガ3とは?

 

オメガ3は脂質の一つです。

脂質は、

まず飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に二分されます。

違いは何か?というと、

常温で、

固体なのか液体なのか?

の違いです。

 

常温で固体=飽和脂肪酸(牛や豚などの脂)

常温で液体=不飽和脂肪酸(魚などの油)

 

です。

ちなみに、

漢字の「脂」「油」の違いも、

常温で固体か液体なのかで使い分けます。

 

 

「脂」=常温で固体(飽和)

 

 

 

「油」=常温で液体(不飽和)

 

 

 

ちなみにちなみに、

 

「脂質」=あらゆる脂全て
「脂肪」=中性脂肪

 

を指します。

雑学で使ってみて下さい…(笑)

話を戻して、

この不飽和脂肪酸は、

単価不飽和脂肪酸多価不飽和脂肪酸

とに二分されます(ややこしい…笑)

要は、

脂肪酸の二重結合の数で分けてます。

 

単価=二重結合が1個の脂肪酸

多価=二重結合が2個以上の脂肪酸(ここに必須脂肪酸が含まれます)

 

オメガ3は、

このうち多価不飽和脂肪酸に分類される脂質です。

オメガ3には、

DHA,EPA、αーリノレン酸などがあります。

 

↑↑ 不飽和脂肪酸の分類表示

(※引用元:http://ruggerman-kintore.com)

 

 

 

 

 

 

・オメガ3の効果は?

 

オメガ3の効果は、主に

 

・動脈硬化、高血圧などの脈管組織疾患の予防
・抗炎症作用による生理痛などの緩和
・大腸がん、乳がんの抑制作用(特にDHA)
・中性脂肪の減退
・血糖値の低下作用

 

特に寄与するものとして5つピックアップしてみました。

これだけでもかなり優秀…(笑)

オメガ3は多価不飽和脂肪酸の中でも、

二重結合の数が最も多いため、

カンタンに言うと

他の油より圧倒的に「サラサラ」の油です。

こいつらが、

血管内壁の血栓をはがして除去する働きを持ち、

さらに、

抗炎症作用を持つことで生理痛を緩和し、

各ホルモンや細胞膜の材料として働くことで、

内分泌系(ホルモン分泌)の正常な働きを助けるのです。

 

 

 

 

 

 

・オメガ3が多い食品は?

 

まずは、青魚

 

 

鯖やアジ、サンマ、イワシDHA、EPAが豊富に含まれます。

 

 

 

そして、しそ油・えごま油・アマニ油

 

 

 

 

DHA、EPA=魚油

αーリノレン酸=植物油

この解釈でOKです。

厚生労働省が2015年に発表したオメガ3系脂肪酸の1日の摂取目安量は、

 

男性:2.1g
女性:1.6g
(※30~49歳の場合)

 

とされていますが、これでも正直足りません。

なので、この推奨量の1.5~2.0倍は摂りたいですね!

つまり、

1食あたりおよそ大さじ1.5~2杯分のオメガ3摂取が推奨されます!

 

 

 

 

 

 

・オメガ3摂取時の落とし穴

 

ここまで、オメガ3についての効果を説明してきましたが、

注意点もあります。

これを知っておくべきです。

オメガ3は、

強力な抗炎症効果、各種疾患抑制作用がある反面、

非常に酸化しやすいです。

 

 

 

 

つまり、

酸化したオメガ3ばかり摂取しすぎると

体が酸化=老化しやすい体質になります!

これを予防するには、

オメガ3脂肪酸を加熱したり空気に長時間触れさせないことです。

前述のように、

オメガ3が過酸化脂質となれば

体内で強い毒性を放ちますから、

食べるときは熱を通さず、

サラダなどにドレッシング代わりにかけたり、

油の保管も暗所に保存するなどして下さい。

また、オメガ3の効果を発揮するには、

オメガ6とのバランスが大事なのです!

オメガ6は、オメガ3と相互に働く脂質です。

つまりオメガ3だけ摂っても、

オメガ6とともに摂取しないと

前述の効果が見込めないのです。

主に肉の脂質などに含まれていますが、

このオメガ6とオメガ3の比率を

(オメガ6)4:1(オメガ3)

程度にしたいですね。

 

 

※引用元:https://infinity-therapist.com/

 

 

ただ現代ではオメガ6がみんな過剰になっているので、

オメガ6を増やそうとせずともいいでしょう。

オメガ3を前述のように増やし、

オメガ6の量は維持か、減量。

これでオメガ3の効果が、単体で摂取するよりも発揮されます。

このように、オメガ3を摂取する際は、

酸化させないような摂取法&保存を徹底し、

かつオメガ6とのバランスを意識する!

これを心がけてください!

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?

オメガ3、

たしかに健康に寄与する効果は絶大ですが、

注意点も複数存在します。

しかし、そこのケアさえすれば、しっかり摂取してOK!

というか、日本人は足りなさすぎ!!

もっと摂って!

…って言ってる僕も油断するとめちゃ不足するんで自戒を込めて…(´;ω;`)ウッ

 

 

 

 

 

(まとめ)
・オメガ3は多価不飽和脂肪酸の一種である!
・DHA,EPA,αーリノレン酸がオメガ3の代表格である!
・中性脂肪除去、がん抑制、疼痛緩和など効果絶大!
・日本人は圧倒的に不足している!
・摂取する際は冷製、かつ保存は暗所で!
・オメガ6との摂取比率も意識して!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ

体験トレーニングのお申込み、
グループ指導、講師のご依頼など
お気軽にお問い合わせ下さい!
宮奥丞の写真