ブログ

【まだ悪玉とか言ってんの?】
悪玉コレステロールの真実

こんにちは!
名古屋の姿勢・動作改善パーソナルトレーナー
日本で唯一の「姿勢改善士」
そして裏健康情報暴露人の
宮奥 丞です。

 

 

 

さて、今回のテーマは

 

悪玉コレステロール、悪くない

 

 

です。

”悪玉コレステロール”と聞くと、アナタはどんなイメージを思い浮かべますか?

 

「不健康」

「肥満のもと」

「高いと病気になりそう」

「下げなきゃダメな数値」

 

などなどのネガティブなイメージが先行していませんでしょうか?

はっきり言いましょう。

これ、

 

ぜんぶウソ♪

 

です。

悪玉コレステロールは、

非常に重要な物質

ってことが言いたいのです。

今回は、

誤解されまくっている悪玉コレステロールについて、

徹底解説したいと思います!

 

 

 

・コレステロールとはそもそもなにか?

 

コレステロールとは脂質です。

食べ物の脂質成分から、肝臓によって合成されます。

 

 

主な役割は生体膜、つまり細胞の膜を作る材料です。

で、成人の場合、

体内には100-150 gの総コレステロール量がありますが、

このうち約1/4がに集中し、

約1/3が脳を含めた神経系に集中しています。

 

 

つまり神経系の構築材料にも使われていますから、

めちゃくちゃ重要な物質なわけです。

悪玉善玉と巷では分類がありますが、

この「悪」、「善」という呼び方も間違いと言えば間違いですし、

一般に言われている悪玉も善玉も、

細かく言うと「コレステロール分子」とは別物です。

 

悪玉=LDL(low density lipoprotein cholesterol)

善玉=HDL(high density lipoprotein cholesterol)

 

これらは分子レベルでのコレステロールとは別物で、

それぞれコレステロール分子に、

タンパク質が結合したリポタンパク質という物質です。

分かりやすく言うと、

細胞や脳の材料として血液でコレステロールを輸送する際に、

血管内を輸送させやすいようにタンパク質の”封筒”みたいなもので包み込むのです。

なぜなら、ご存知のように水(血漿)と油(コレステロール)は相性が悪いので、

水と相性のいいタンパク質の袋でくるんで、

血液中を輸送しやすくしようとしているわけです。

この封筒役のタンパク質がくっついたコレステロールの名称が、

LDLHDLということなのです。

つまり、

これらLDL・HDLはコレステロール分子とは、もはや別物なのです。

もう一回言いますね。

コレステロール自体に、そもそも悪も善もないのです。

みんなが「悪玉」とか「善玉」とか言っているのは、

コレステロールにタンパク質が引っ付いた「別物」です。

 

 

 

・LDLとHDLの違いって何??

 

上記の説明で、一般に言う悪玉・善玉と、

コレステロールは似て非なるものであることが分かりました。

では、この悪玉(LDL)、善玉(HDL)の違いって何でしょうか?

大きな違いは、

「コレステロールを輸送する際の役割」です。

肝臓から末梢へのコレステロール輸送(配達)はLDLが担当し、

組織(おもに遅筋)から肝臓への輸送(回収)はHDLが担当します。

各組織にコレステロールを送り届けるのがLDL

使い終わったコレステロールを再利用するために肝臓へ回収するのがHDLです。

もっと分かりやすく言うと、

「往き」の貨物列車がLDL

「帰り」の貨物列車がHDLって感じです。

 

(※引用元:https://jbpress.ismedia.jp/)

 

つまりLDLもHDLも、超重要な「運び屋」なだけであり、

くどいようですが、「悪」とか「善」とか言われているのがそもそもおかしいのです。

 

(※引用元:https://medipress.jp/)

 

 

 

 

・じゃあなんで「悪玉」「善玉」って言われているのか?

 

上の説明聞くと、

「あ、じゃあ善玉も悪玉も、コレステロールの大切な運搬役なんだね!」

って理解できるはずです。

けど、それと同時に、

「じゃあ、そもそもなんで世の中では善悪分かれてるねん!!」

って疑問が浮かぶと思います。

これは、動脈硬化に対する作用が関係しています。

まずは、動脈硬化の機序を説明しましょう。

糖質・汚い油の過剰摂取によって、

我々の体内では酸化が起こるのですが、

この酸化によって、運搬役のLDLまでもが酸化してしまいます。

この酸化LDLは、酸化LDL専用受容体である、LOX-1と結合し、

血管内皮に取り込まれてしまいます。

 

(※引用元:http://lox-index.com/)

 

すると、取り込まれた酸化LDLは、

マクロファージという本来、体を守る免疫細胞に取り込まれ、

動脈壁の中で、泡沫細胞(粥腫:じゅくしゅ=プラーク)となります。

これが慢性化し、蓄積していくと、

聞きなじみのある動脈硬化と言う状態になるのです。

で、HDLは先ほども言ったように、

コレステロールを回収し、肝臓で再利用する働きがありますから、

この血管内にへばりついた酸化LDLを引きはがしてくれるのです。

このような機序から、

HDLはいいやつで、LDLは悪いやつ、

という論説が出来上がっていったのです。

 

(※引用元:http://www.shionogi.co.jp/index.htm)

 

 

 

 

・本当に悪いやつは、LDLそのものではなく…

 

ここまでの説明で、

 

・コレステロールは、細胞膜・脳の働きに欠かせない材料であること。
・コレステロールと、悪玉・善玉コレステロールは、実は別物であること。
・悪玉(LDL)も、善玉(HDL)も、超重要な「コレステロールの運搬役」であること。
・LDLが酸化されると、俗にいう「動脈硬化」となり、各疾患のリスクを上げること。

 

がお分かりいただけたと思います。

では、結局、

身体を壊すのは、なにが原因か?

それはズバリ

 

「酸化」してしまうような不摂生な生活

 

です。

それを、コレステロール(というかLDL)のせいにして、

みんな根本を見ようとしていませんから、

こんな勘違い甚だしい定説が出来上がったのです。

 

LDLはめちゃくちゃ重要です。

 

こいつが少ないと各組織に細胞の材料が送れません。

すなわち生命維持に関わります。

しかし、

こいつが「酸化」してしまうような不摂生を続けていると、

万病のもとになるのです。

結局、トリガー引いているのは、

「脂質の多い食事」ではなくて…

 

 

「糖質の多い食事」

 

「汚い油〈キャノーラ・コーンなど〉の多い食事」

 

「運動不足」

 

「夜更かし」

 

「ストレス過多」

 

 

などなどです。

もちろん、脂質の多すぎる食事もダメですが、

オメガ3などの良質な油をしっかり十分に摂取することは、

むしろ健康的なのです♪

「良い脂質を、たっぷり摂ろう」

これからは、これが健康の新常識ですね!

 

 

 

(まとめ)
・コレステロール=悪ではない!コレステロールは生体維持に欠かせない材料!
・悪玉(LDL)はコレステロールの運搬役で、超重要である!
・動脈硬化の原因は「酸化」である!つまり「酸化」するような生活が元凶!

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

より詳しくトレーニングや姿勢改善のコツを知りたい!
宮奥のトレーニングやセミナーを受けてみたい!という方は、
お気軽にお問い合わせ下さい(^▽^)/

「 名古屋で姿勢と動作の改善なら、” 姿勢改善士 ” 宮奥 丞 」

~トレーニング・セミナーの申し込み、お問い合わせはHPの「お問い合わせ」から~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ

体験トレーニングのお申込み、
グループ指導、講師のご依頼など
お気軽にお問い合わせ下さい!
宮奥丞の写真